動画広告の精度を高める

フィルム

運用代行利用で成果を改善

世界最大の動画投稿サイトYouTubeは日本でも数千万人の人が視聴していると言われ、今やテレビなど既存メディア以上の影響力を持つに至りました。企業にとっても従来のテレビCMをYouTube広告に置き換える動きが活発化しており、多くの企業で動画マーケティングの柱に位置づけられています。YouTube広告には動画再生前に再生されるインストリーム広告や、再生画面の隣に表示されるディスカバリー広告などの種類があります。YouTube広告の中でもインストリーム広告は視聴者が30秒未満にスキップすると課金が発生しないため、費用対効果の高い動画広告です。広告に関心を持つ視聴者だけが30秒以上再生することで課金される仕組みですので、コンバージョンに結びつく可能性が高くなります。平均すると1視聴当たり数円程度の広告料に抑えられる計算となり、関心を持たない人にも無差別に配信される既存の広告と比べて遥かに効率の良い宣伝手法なのです。動画を使った広告としては大きな可能性を秘めたYouTube広告ですが、実際に成果を出すとなれば配信状況の管理や効果測定など高度なスキルも欠かせません。必要なスキルを持たない企業では、YouTube広告で十分な成果を得るのは難しいと言えます。そんな企業にとって頼りになるのが、YouTube広告の運用を代行しているサービス業者です。YouTube広告のアカウント設定から広告予算に応じたターゲット層・入札単価の設定だけでなく、効果測定に至るまで代行業者がサポートしてくれます。動画制作やコンサルティングがサービス内容に含まれるかどうかによってもYouTube広告代行サービスの費用も変わってくるものです。月額数千円程度から数万円というケースまで、サービス利用料金にも幅があります。YouTube広告代行を利用する際には事前に評判を検索の上、予算に合わせて業者を選ぶことが大切です。

Copyright© 2017 サイトでの集客効果を高めよう|専門業者にECサイト構築を依頼 All Rights Reserved.